花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

病院でできる治療

薬剤療法やレーザー手術など、病院で受けられる花粉症対策・治療方法について解説しています。それぞれの方法のメリット・デメリット、根治治療法として話題の舌下免疫療法についての情報も必見です。

病院で受けられる花粉症対策・治療

花粉症対策の1つとして、病院での治療が挙げられます。症状をこじらせてから受診しても改善は難しいので、なるべく早いうちに処置を受けることが大切です。

病院で行われる一般的な花粉症治療には、以下のようなものがあります。

薬剤療法

花粉症治療の主流となっているのが薬剤療法。ただし完治させる薬はなく、あくまでも対症療法として症状を軽くするために用いられます。

薬剤療法の基本となるのは、抗ヒスタミン薬。病院の処方薬や、市販薬としても手に入れることができ、花粉症対策の代表的な薬剤です。

アレルギー反応を引き起こすヒスタミンという物質の作用をブロックし、鼻水・くしゃみ・鼻づまり・目のかゆみなどを抑えるもので、ある程度の即効性が期待できます。

経口の抗ヒスタミン薬は、古いタイプ(第1世代)では眠気や口の渇きなどの副作用がありました。しかし、現在主流となっている第2世代の抗ヒスタミン薬ではそういった副作用が軽減され、使いやすくなっているようです。

その他、使用される花粉症の薬の、種類と作用は以下の通り。

  • ステロイド薬
    …症状が重い場合に使われる薬です。経口薬、点鼻薬、点眼薬があります。効果が強いぶん副作用も大きく、使い方が決まっていたり、使用する前に検査が必要だったりしますので、必ず医師の指導に従いましょう。
  • メディエーター遊離抑制薬
    …アレルギー反応を引き起こす、ヒスタミンやメディエーターといった物質を抑える薬です。効き目は緩やかで、効果が出るまでに時間がかかるため、早いうちから使い始める必要があります。
  • 血管収縮薬
    …鼻に噴霧する点鼻薬で、鼻づまりの治療に使われます。鼻にある粘膜の血管を収縮させ、粘膜の腫れを取り除くことで鼻づまりを改善します。
  • 抗ロイコトリエン薬
    …ロイコトリエンは、鼻の粘膜の腫れを引き起こす物質。抗ロイコトリエン薬は、免疫細胞からこのロイコトリエンが放出されるのを抑える薬で、鼻づまりに効果が期待できます。

これらの薬は継続して飲み続けることが重要なので、自己判断で中止したり量を変えてしまわないよう注意。

また、種類によっては眠気・倦怠感・頭重感・のどの渇き・便秘などの副作用が起きることもあるので、医師にあらかじめ確認しておきましょう。

レーザー手術

花粉症のレーザー手術とは、鼻の内側にある粘膜を焼却する方法。
花粉が侵入してきても粘膜が過剰反応しないため、鼻水・鼻づまりなどの症状を軽減することが可能です。

ただし、粘膜は半年~2年ほどで再生するので、定期的な再照射が必要。

また、レーザー照射をすると鼻の内側にカサブタができやすくなり、不快に思う人も多いようです。

減感作療法(げんかんさりょうほう)

減感作療法とは、花粉症の原因物質(花粉)を少しずつ注射し、身体を慣れさせることでアレルギー症状を弱めていく治療法です。

花粉症治療における唯一の根治治療ですが、効果が現れるまでには2~4年ほどかかると言われており、根治率も6割ほど。

1ヵ月に何度も注射をするため根気が必要ですし、治療を行っている病院・医師の数も少ないようです。

また、稀にショックなどの副作用が起こることもあるため、慎重な治療が望まれます。

舌下免疫療法

舌下免疫療法とは、舌の下にパン屑を置き、花粉症の原因物質(花粉)が含まれたエキスを滴下して体内に吸収させるもの。
舌下に置いたパンは数分間そのままにし、後は吐き出すだけでOK。

患者の負担が大きい減感作療法に代わる根治治療として開発され、注目を集めています。

治療は花粉が飛散し始める3ヵ月前ほどからスタートし、花粉のシーズンは毎日続けることが必須。
根治には、最低でも3年はかかるそうです。

以前は保険適用外でしたが、2014年6月から保険適用となりました。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ