花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

雨の日も油断しないで

花粉症対策を雨の日は怠りがち。油断は禁物です。雨の日の花粉症対策方法を紹介。

油断は禁物!雨の日が与える影響とは

暖かい日や晴れの日になるとうれしい反面、やっかいなのが花粉症ですよね。

ひどい場合には、喉の痛みや頭痛、咳や熱まで出る人もいるようです。

逆に雨の日ならば、花粉症の心配はない。花粉症対策をする必要もないと今まで普通にそう考えている人も多いでしょう。

乾燥している日に比べれば、雨が降っているために花粉が飛散しにくい、といったことがその主な理由でしょう。

しかし、どうもそうではないみたいです。体質によっては、晴れている日よりも雨が降っている日に鼻水がよく出たり、かゆみがひどくなったりするなど、症状が深刻になる人もいることが明らかになってきました。

では何故、雨の日に症状がひどくなる人が出てくるのでしょうか。それは、気圧が関係しています。

「雨が降る前に、何故か昔の傷が痛む、膝が痛くなる」といった話を耳にしたことはありませんか。

これらは「天気痛」や「気象病」などと言うのですが、花粉症の症状がひどくなるのもほぼ同様の原因です。

雨の日になると気圧が低くなります。これに反応して人間の身体は内部でヒスタミンという成分をつくります。

このヒスタミンはアレルギーを起こす成分です。鼻水が多く出るなどの症状は、このヒスタミンが原因だったのです。

その他にも、症状が悪化してしまう原因として気圧の変化に伴う血圧や副交感神経の働きの変化、湿度の上昇やそれに伴うダニ・カビ・ハウスダストなどの発生なども考えられています。

ですから、雨の日だからと言って花粉症対策を容易に怠ってはなりません。

しかも、雨の日の翌日には雨で落ちた花粉が乾いて再び飛散します。

しかも飛散する量はかえって多くなってしまいます。

よりいっそう花粉症対策を強化する必要があるのです。

外出時のマスクや帰宅時の衣類ケア、常備薬やサプリなどの摂取を怠らないようにしましょう。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ