花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

NGな対策

ここでは、花粉症で避けるべき対策についてまとめています。「正しい」と思ってやっていたことが、反対に悪い結果を招くことも少なくありません。そうならないためにも、正しい知識を身につけておきましょう。

花粉症対策で注意すべきこと

「目のかゆみがガマンできない!」「どうしても鼻のムズムズが堪えられない!」「とにかく花粉症に効きそうなことをしたい!」

そんなとき、思わずやってしまいがちなことってありませんか?

たとえば、「目を洗う」。

目のかゆみやショボショボは花粉症のなかでもとくにつらいもの。ですから、外出先から帰宅したときなどは、即刻、目を洗う人を多いでしょう。

目を洗うこと自体は問題ではありません。問題なのは「洗いすぎてしまう」こと。

なかには「目を洗わないと気が済まない」と、クセになってしまう人もいます。

頻繁に洗いすぎることで、目をホコリや乾燥から保護している涙の膜が流されてしまい、ドライアイになってしまうのです。

また、たとえば、「ヨーグルトを食べる」。

確かに、花粉症の症状を緩和させるLGG菌の入ったヨーグルトならば効果は期待できそうですが、条件としては1年中毎日食べ続けることが必要。

「花粉の時期だけ」「花粉症の症状が出たときだけ」食べていても、まず効果は現れないでしょうし、LGG菌が入っていなければまったくの無意味です。

乳製品でいえば、牛乳やチーズなどはアレルギーの引き金となりやすく、避けたほうがベター。

ふだん牛乳を飲んでいる人なら、豆乳や緑茶などにおきかえるといいでしょう。

とくに緑茶はアレルギーにいいとされるフラボノイドが豊富なので、おすすめです。

日常生活においては、花粉除去のために掃除機を小まめにかけることも少し考え物。

掃除機の送風で花粉が舞い上がってしまい、逆に部屋中に拡散させてしまうリスクがあります。

そのため、床の花粉を除去するにはフローリングワイパーやぞうきんなどで丁寧に除去することが望ましいでしょう。

ほかにも、飲酒や喫煙、運動不足、睡眠不足もNG事項。

規則正しいとまではいわないまでも、あまり乱れのない生活をおくることが花粉症のNG事項に触れないための鉄則です。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ