花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

秋の花粉症

春夏秋冬のうち。ここでは秋の花粉症の原因と、特に発症しやすい時期についてまとめました。こちらで一緒に対策を考えましょう。

予防と対策:秋の花粉症

秋の花粉症の特徴は、アレルゲンとなる植物の背が低いという点。背が低いと飛散距離が短いため、その植物の近くに寄らなければ発症の可能性は低減されます。

いっぽうで、要注意なのは子供。子供は、背が低いことに加えて、外で遊んでいると、気づかずにアレルゲンとなる植物の近くに寄ってしまうことがあるためです。

上で述べたように、特にブタクサは粒子が小さく、子供の喘息を悪化させる可能性があります。あらかじめ図鑑などで草のイメージを覚えさせて、その草のある場所には近づかないよう、保護者から指導しておきましょう。

秋のアレルゲンとなる植物は、例年同じような場所に繁殖します。場所を指定して、秋には近づかないよう子供に言い聞かせるのも効果的です。

また、秋は夏に繁殖したダニの死骸が原因で、別のアレルギー症状を引き起こす時期でもあります。花粉症との合併で重症化するケースも見られますので、コマメに家の掃除をすることを忘れないようにしましょう。

秋の花粉症を引き起こす植物

かつて、花粉症と言えばスギではなく、ブタクサを指していました。ブタクサは、秋を中心とした花粉症の原因の代表格。スギ花粉の時期とは異なりますが、花粉症に悩む人たちにとっては、秋も油断できません。

■ブタクサ(キク科)
夏から注意すべきですが、飛散のピークは秋と言えるでしょう。症状は目や鼻など、スギ花粉症と同様の部位に現れます。花粉の分散時期は8月~10月。花粉の粒子が小さいことから、気管に入り込むと喘息を誘発することもあるため注意が必要です。

■ヨモギ(キク科)
食材や薬草、化粧品などで日本人にはお馴染みの植物ですが、花粉症を引き起こす一種でもあります。飛散のピークは秋が中心で、目や鼻に症状がでます。ヨモギは、繁殖力がとても強いため、全国に分布しているので、どこの地域にいても、花粉症になる可能性ありです。

■カナムグラ(クワ科)
ブタクサと似た症状が出るのが特徴。こちらも繁殖力が強く、全国の至る所に分布しています。飛散の時期は8月~10月です。ガードレールや電柱に絡みついている姿がよく見かけられます。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ