花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

避けた方が良い食べ物リスト

食品の中には、花粉症のアレルギー症状を悪化させてしまうものもあります。以下に紹介する食品の摂取を避けたり少なくすることで、症状を軽減・改善できる可能性もアリ。しっかりと知識を身につけておきましょう。

花粉症対策のため避けた方がよい食事

食品の中には、花粉症のアレルギー症状を悪化させてしまうものもあります。以下に紹介する食品の摂取を避けたり少なくすることで、症状を軽減・改善できる可能性もアリ。しっかりと知識を身につけておきましょう。

グルテン

花粉症対策のため避けた方がよい食べ物小麦に含まれるグルテンは、腸の粘膜を傷つけて免疫機能を弱めることがあるので注意が必要。

気になる人は一時的に小麦(パン・麺類・菓子類)の摂取を控え、体調の変化をチェックしてみましょう。

もし花粉症の症状が軽減するようであれば、グルテンが原因の1つである可能性が高いと言えます。

化学物質を含む食品

アレルギー症状を引き起こす、ヒスタミンやセロトニンなどの化学物質を含む食品に注意しましょう。

ヒスタミンを多く含むのはトマト・なす・ほうれん草・タケノコなど。セロトニンは、キウイ・バナナ・パイナップルなどの果実類に多く含まれています。これらの食品は生で摂取せず、加熱調理して食べるよう心がけましょう。

加工食品・インスタント食品

ハム・ソーセージなどの加工食品や、インスタント食品はできるだけ避けるのが賢明。ハム・ソーセージなどに含まれるリン酸Na・亜硝酸塩などは体内のミネラルバランスを崩し、粘膜を弱体化させる恐れがあります。また、インスタント食品に含まれる多量の添加物は、免疫系への悪影響が懸念されています。

砂糖

砂糖は粘液の分泌を促進させるため、鼻水などのアレルギー症状を悪化させる恐れがあります。その他にも、ヒスタミンの放出を促進したり、腸内細菌のバランスを崩して免疫機能をダウンさせるなど、花粉症の悪化に繋がる作用が満載。

清涼飲料水・菓子パン・惣菜類を好んで摂取している方は、食生活を見直す必要があります。甘味が欲しい場合は砂糖ではなく、はちみつやオリゴ糖シロップなどを活用して。

揚げ物

一般的な揚げ物に使用されている食用油(大豆油・紅花油など)には、リノール酸が多く含まれます

リノール酸は私たち人間にとって必要な成分ではあるのですが、沢山摂ってしまうと花粉症をはじめとするアレルギーを悪化させる恐れがあります。摂取する際は1日1杯半程度にしましょう。

同じ油でもオリーブオイルは、リノール酸を含む割合が他の油に比べて約3分の1と少なく、更に悪玉コレステロールを減らしてくれるオレイン酸を多く含んでいます。

高カロリーの油には違いないので、一日1杯~2杯と分量は制限した方が良いですが、他のリスク面で考えても油を使う際はオリーブオイルを選ぶほうが賢明だといえるでしょう。

また、時間の経った揚げ物は油が酸化しているため、花粉症対策としてはNG食品。強い炎症を起こす可能性があるため、スーパーやコンビニなどの総菜は避けるようにしましょう。

アルコール・香辛料

アルコールを代謝する過程で生産されるアセトアルデヒドは、ヒスタミンの放出を増やしてしまうので注意が必要。また、血管拡張作用により鼻づまりなどの症状を悪化させることもあるため、摂取はできるだけ避けるようにしましょう。

唐辛子など刺激が強いスパイス・香辛料も、鼻やのどの粘膜を刺激して分泌を活性化させる恐れアリ。

花粉症対策として評判の健康食品サプリメント例

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ