花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント
花粉症対策のためにできること » 子どもが花粉症になったら

子どもが花粉症になったら

ここでは、子どもと花粉症との関係や、「子どもが花粉症かな?」と思ったときの対応などについて紹介しましょう。

自分が花粉症でそのつらさを知っている親御さんなら、子どもには同じ思いをしてもらいたくないもの。ぜひ一読しておいてください。

見分けにくい子どもの花粉症

「花粉症=大人の症状」「子どものうちは花粉症は発症しない」 なんて思っている方がいれば、それは大きな間違い

子どもだって花粉症にかかるし、大人と同じくらい悩んでいる子だっているのです。

花粉症にかかってしまうと、学校や塾、家庭での勉強にも集中できず、ひどい場合は十分に睡眠がとれないことも。

子どもの花粉症発症率は5~9歳だとまだ13.7%ですが、10歳を超えてくると31.4%(10~19歳)と、大人とほとんど同じ(ライフ・サイエンス『鼻アレルギー診療ガイドライン』)。

発症率も年を追うごとにあがってきています。

しかも花粉症(スギ花粉)のシーズンは、インフルエンザや風邪など、子どもが罹患しやすい病気が流行する時期と重なるため、花粉症かどうか見分けにくいという特性があります。

また、小さな子どもは、自分の症状をあまりうまく伝えることができません。

親が日ごろから注意深く子どもの様子を観察して、花粉症の症状を確認したら、早めに病院へ連れていってあげましょう。

花粉症を見分けるポイント

このように、他の病気との区別がつけづらい子どもの花粉症ですが、見分けるためのいくつかのポイントがあります。

ひとつは、目の症状

鼻水やくしゃみなどを風邪と判別することは難しいものですが、目のかゆみや涙ぐむなどは花粉症特有の症状です。

また、「鼻づまり」も特徴のひとつ。

大人の花粉症では、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどが主な症状ですが、子どもの場合はくしゃみがあまり出ず、その代わりに鼻がつまることが多いようです。

これは、子どもの鼻が小さいため。

したがって、鼻がつまっているとうまく息ができないため、口で呼吸をすることが多くなります。

子どもが口呼吸をしていたり、口が乾いて食べ物が飲み込みづらかったり、といった様子を認めたら、鼻づまりを起こしていないかどうか、注意して見てみてください。

鼻や口のあたりをしかめる、口をもぐもぐする、鼻をこすりすぎて鼻血を出す、などの動作も、鼻づまりのサインです。

また、つまりやすいので、鼻水も大人のようなサラサラした水っぽいものではなく、ちょっと粘りのある鼻水になります。

ますます風邪と間違えやすい症状ですが、鼻水が出ていたら花粉症も疑うよう、気をつけましょう。

ただし、子どもの鼻がつまっているからといって、「花粉症」のひと言で片づけてしまうのも、ちょっと危険。

鼻づまりは、咽頭扁桃肥大や慢性副鼻腔炎などの病気が原因となっていることもあります。「怪しいな?」と感じたら、まずは病院で診てもらうようにしてください。

子どもが花粉症になったら

子どもが花粉症だとわかったら、まずは家庭内で、子どもから花粉をなるべく遠ざけてあげるよう努力しましょう。

花粉の飛散量が多い日は外出を控えたり、マスクをさせたりして花粉に触れる機会を減らします。家族が外出から戻ったときは、玄関で花粉を払い落とすようにしましょう。

床から舞い上がった花粉を子どもが吸い込んでしまわないよう、家の中をよく掃除しておくことも大事。

家族みんなで心掛けて、子どものつらい症状をやわらげてあげてくださいね。

また、家庭での努力と同時に、病院できちんと治療を受けることも必要です。

子どもの花粉症の治療法は、ほぼ大人と同じ。

抗ヒスタミン薬の服用や、ステロイド点鼻薬などで治療を進めていきます。

最近では、以前は大人にしか用いることができなかった第2世代の抗ヒスタミン薬も子どもに使えるようになり、治療の精度や選択肢も増えてきています。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ