花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

患者は増加している

なぜ花粉症患者が日々増加しているのか、原因を解説します。

やむを得ない人災が花粉症患者を増加させた原因

花粉症の直接的な原因は、スギやヒノキなどの花粉です。
スギやヒノキなどは、何万年も前から存在していますが、昔は花粉症の症状はあまり見られませんでした。
患者が目立って出てきたのは昭和50年代からです。
ではなぜ、このころから花粉症の患者が急増してきたのでしょう?

その理由として、花粉症の主な原因は、花粉というよりも花粉の急増だからです。
昭和50年代から花粉が急増してきたということです。
そして、その花粉を急増させたのは、他でもない私たち日本人なのです。

でも、これは時代の政策として必要なことでした。
見方によっては花粉症の代わりに、現在の豊かな生活を手に入れることができた、とも言えます。
だからこそ、現在の花粉症はやむを得ない人災と言えるのです。

スギ花粉が急増した理由

戦後、日本政府は荒廃した国土の多くに、スギを植林する政策を採りました。
理由はスギの成長が早いからです。
国土復興のため、そして経済再生のため、成長の早いスギをたくさん植林したのです。

そして、その時のスギが昭和50年代に入り、一斉に花粉を飛散するまでに成長しました。
それが、花粉が急増した理由です。
この数十年、国内産のスギは、建築現場ではあまり使われなくなりました。
安い輸入木材が中心となったのです。

そのため、国内の林業家の多くは転業を余儀なくされました。
残ったスギは手入れもされなくなって好き放題に成長し、その結果さらに花粉を増やしているのが現状です。

そして、スギ花粉の急増にダメ押しするかのように、私たち日本人はさらに花粉症の症状を悪化させる道を選んでいます。
大気汚染、食生活の欧米化、ストレス社会です。これらはアレルギー反応を増強させる三大要因です。

今や、スギはただの悪者のように言われています。
しかし、現代日本の経済繁栄の背景には、戦後に植林されたスギの役割が、とても大きかったことを振り返らなければなりません。
花粉症は人災です。しかし、こうした歴史を考えれば、やむを得ない人災と言えるでしょう。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ