花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

メカニズム

ここでは花粉症発症のメカニズムを解説します。体内に入った花粉は、どのような仕組みで花粉症を引き起こすのでしょうか?

花粉症で涙や鼻水が出るメカニズム

春が近づくと、毎年ニュースなどで花粉症が話題になりますよね。
今年は多いとか、平年並みとか…。
花粉を撃退するグッズなどの宣伝も盛んに始まります。

もはや季節の風物詩とも言えるような、この花粉症。
でも、花粉が体内に入ってきたことで、なぜ鼻水や目のかゆみなどが発症するのか、ご存じでしょうか?
気になる花粉症のメカニズムを見てみましょう。

植物の花粉は、一年中無数の種類が飛び交っています。
でも、それらの中で、ヒトにアレルギー症状を引き起こすのは、60種類ほど。
しかも、花粉症の人が60種類すべての花粉に反応するわけではなく、個人差があります

その人の体に反応する種類の花粉が体内に入ってくると、体はまずその花粉を受け入れるかどうかを検討します。
受け入れないと体が判断した場合、体はこの花粉と反応する物質を作ります。

この物質をIgE抗体といいます。
この抗体は、目や鼻の粘膜にある、肥満細胞という組織に待機します。

IgE抗体ができたあとに、再び同じ種類の花粉が体内に入ってくると、入ってきた花粉は、目や鼻の肥満細胞に待機していたIgE抗体と結びつきます。
二つが結びつくと、肥満細胞からはヒスタミンなどの化学物質が放出されて、体にとって異物である花粉を外へ出そうと働きます。
鼻に入ってきた花粉を、鼻水と一緒に外へ出そうとしたり、くしゃみと一緒に外へ出そうとしたりします。
あるいは、涙と一緒に外へ出そうとします。その現象を、花粉症と呼んでいるのです。花粉症とは、体が花粉と戦っている姿なのです。

なお、花粉症を発症する人と発症しない人との違い、または、重症化する人と軽症で済む人との違いなどは、厳密な意味では未解明です。
生まれ持った体質が大きく影響していることは否定できません。

また、体質以外にも、それまで吸ってきた花粉の量が影響していると言われます。
量が多ければ多いほど、花粉症を発症しやすくなります。
長年花粉を吸ってきた大人と、まだあまり花粉を吸った経験のない子供とでは、大人のほうが花粉症を発症しやすいということになります。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ