花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

他の症状

実は花粉症には、目や鼻以外の症状以外にも、体がだるいと感じたり頭痛がある場合があります。

花粉症で頭痛や体がだるい?目・鼻・のど以外の症状

花粉症と言えば、目や鼻、のどの症状。
そんなイメージばかりが先行し、花粉症の時期に他の部位が不調になっても、まさか花粉症が原因だと疑う人は少ないでしょう。
しかし花粉症は、外部から異物が体内に侵入したと、体が自動的に反応する現象。
異物をキャッチするのは、何も目や鼻だけではないのです。

目や鼻以外にみられる花粉症の症状を見てみましょう。

頭痛

花粉症によって副鼻腔炎を発症すると、鼻腔から副鼻腔につながる管が閉塞します。
この影響で生じる空気圧の差が、頭痛の原因となります。
また、鼻づまりによる酸素不足が原因となって、頭痛を引き起こすこともあります

発熱

医学的な検証がなされたものではありませんが、花粉症の時期に微熱が出てしまう人は、とても多いでしょう。
花粉症と微熱は、何らかの関連があると思われます。
アメリカやイギリスでも花粉症に似た症状が見られますが、名称をHay Feverと言います。
和訳すると千草熱という意味で、千草とは色々な草のこと。
色々な草の影響で、熱っぽくなる症状を千草熱と言います。

顔のむくみ

花粉症の影響によって、炎症が起こる人もいます。
炎症は白血球と血しょう水を出すため、その部位はむくみます。
花粉症の場合、この症状が顔に出る人がいます。

金属アレルギー

花粉の影響と乾燥した空気の影響で、もともと敏感肌の人は金属アレルギーを発症する場合があります
花粉症の時期だけに発症する、というのが特徴です。

吐き気

花粉症が消化器系に影響をおよぼし、吐き気をもよおす人もいます
花粉を吸いこんだ肺からの影響と推測されています。もともと肺は、魚の浮き袋と起源は同じ。
魚の浮き袋は消化器から派生した器官なので、発生学的には、人間の肺も消化器系となんらかのつながりがあるとされています。

消化器系の各種症状

花粉による消化器系への影響は、吐き気だけではなく、他にも様々な症状につながることがあるのです。
たとえば、胃酸が増えることで、逆流性食道炎、胃潰瘍、ビランなどを発症する人がいます
また、影響が腸にまで達し、過敏性大腸症と診断される人もおり、肛門にかゆみを感じる場合も。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ