花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

目の症状

ここでは、花粉症が原因で起こる目の症状について解説します。

花粉症における目の症状

花粉症は、体中にアレルギー反応を引き起こします。
重症化すると、外出ができなくなることもあります。
症状の程度には色々ありますが、花粉症患者のほとんどが経験するのが目の症状です。

目の花粉症の種類は主にかゆみ、充血、涙の3つといわれています。
それぞれ以下のような症状です。

かゆみ

目の花粉症の中で、最も多く見られる症状です。
かゆみに耐えきれず目をこすったりすると、炎症が悪化してしまい、ますますかゆくなってしまいます。
中には角膜を傷つけるまで、目をこすってしまう人もいるので注意しましょう。
かゆくなっても決して目をこすらずに、目薬などで緩和させます

充血

かゆみと同時に、充血が見られる人もいます。
花粉が目の表面に付着してしまい、一時的に結膜炎を起こしている状態です。
赤く見える(充血している)のは、結膜炎の影響で、白目の中にある血管が拡張しているためです。

花粉が目に入ると、目の表面では、花粉をなるべく目の外に出そうとします。
体は、涙を流すことで花粉を洗い流そうと働くのです。

目の花粉症には、他にも様々な症状があります。目が腫れたり、目やにが出たり、目の中がゴロゴロしたり、目がかすんだり…。
いずれの場合も、重症化すると日常生活がままならなくなるため、発症したら早めに医師や薬剤師に相談しましょう

花粉症が原因で目に症状が出る理由

目に花粉が入ってくると、目の表面にある肥満細胞からヒスタミンが放出されます。
本来は目を守るために働くヒスタミンですが、放出にともなって目のあちこちが刺激されて、花粉症特有の症状を引き起こします。
ヒスタミンがそれぞれ、目の知覚神経を刺激すると目のかゆみ、目の血管を刺激すると充血、涙腺を刺激すると涙となって現れます。

いずれの症状も、体を守るためのヒスタミンの働きです。
しかし、このヒスタミンも過剰に放出されると、日常生活に支障をきたします。
花粉症対策として処方される目薬には、抗ヒスタミンと書かれているのをご存知でしょうか。
これは、ヒスタミンの過剰分泌を抑えて症状を緩和する、という目的の目薬なのです。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ