花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

体質や年齢の影響

実は花粉症になる人には体質、年齢、生活習慣が関係しています。
発症しやすかったりしにくかったり、あるいはまったく発症しないなど、その理由を解説します。

花粉症になる人と体質の関係

アレルギー体質と花粉症には、密接な関係があると言われます。数字から見ていきましょう。
両親がアレルギー体質の場合、子供がアレルギー体質になる確率は90%と言われます。
一方、両親がアレルギー体質でなくとも、子供がアレルギー体質になる確率は30%と言われます。
そして、アレルギー体質の人が花粉症を発症する確率は、70~80%と言われます。

こうした数字から言えることは、アレルギー体質は遺伝する確率が高いということ。
そしてアレルギー体質の人は、花粉症を発症する可能性が高いということです。

もちろん、それぞれの数字は100%ではないため、必ずアレルギー体質が遺伝するわけでも、花粉症を発症するわけでもありません。
しかし、花粉症は遺伝性の要素もあることは否定できないようです。

花粉症と年齢

花粉症を含め、食物アレルギーやアトピーなど、アレルギー性の病気は、発症の年齢層がそれぞれ異なります。
それぞれの症状が発症する前提として、それぞれ症状に対する抗体が一定レベルまで蓄積する必要があります。
蓄積までの期間がそれぞれ異なるため、それに応じて、発症しやすい年齢も異なってくるのです。

抗体は、体内に取り入れられたアレルギー物質の量に比例します
したがって、幼年期に多くのアレルギー物質が取り入れられた場合には、一般よりも早い年齢で症状が現れます。
花粉症の場合は、アレルギーを引き起こす物質が花粉であることから、ホコリやダニなどと違って季節性があります。
症状を発症するレベルまで抗体が蓄積するのに、通常は20~30年かかります

このため、花粉症は20~30代になって始めて発症する人が多いのです。
なお、近年では児童にも花粉症の例が見られるようになりましたが、これは食生活の変化などの影響と言われています。

花粉症と生活習慣

遺伝の要素が見当たらないアレルギー体質は、後天的な別の要因があります。
まずは、食生活の変化です。
インスタント食品、ファーストフード、お菓子、保存食、コンビニ弁当など、添加物の多い食品は後天的なアレルギー体質の要因になると言われます。

また、日本人の体質に慣れていない欧米食も、アレルギー体質の要因となります。
タンパク質の過剰摂取が影響しているようです。
他にも睡眠不足やストレスなども、アレルギー体質の原因となります。自律神経を乱すことが理由です。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ