花粉症対策のために私たちができること

今日からはじめられる花粉症対策の徹底ガイド

  • SITEMAP
  • まずは押さえておきたい花粉症対策の方法
  • 花粉症対策のために取り入れたい食べ物
  • 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリメント

花粉症に効くツボとは

花粉症に効果的なツボを紹介します。どこでもできる簡単なものです。ぜひ実践してみて下さい。

目や鼻の花粉症に効果的なツボ

花粉症のつらい症状は、主に、目や鼻などに現れます。ここでは部位別に効果的なツボを紹介します。

目に効くツボ

長時間のパソコン操作などで目が疲れたときに、無意識に鼻の付け根を掴んでしていませんか?実はそこが、清明(せいめい)と呼ばれるツボの場所。少し力を入れて、グッと押してみましょう。このツボを押すことで、目の充血やかゆみを軽減できるようです。

清明の近くにある、承泣(しょうきゅう)というツボも、目の花粉症には効果的です。場所は、両目の下まぶたのすぐ下で、真ん中あたり。上に押し上げるように、適度に刺激しましょう。眼球が近いため、指がズレてしまうと危険です。目を傷つけないよう、注意しながら行ってください。

また、眉間のところにあるのが攅竹(さんちく)と呼ばれるツボ。これも目の花粉症には効果があります。利き手の親指と人差し指の先を使って、グイグイと押してみましょう。多少痛みを感じるくらいに押すのが効果的です。

鼻に効くツボ

鼻の花粉症には、迎香(げいこう)と呼ばれるツボがよく効きます。場所は、左右の小鼻のわき、くぼんだところです。下に向けて、少し痛いくらいに強く押してみましょう。特に鼻づまりの改善に効果があります。

髪の生え際の真ん中に、指をあててください。そのまま、指一本分、上に移動。そこが、上星(じょうせい)と呼ばれるツボ。これも鼻の花粉症に効きます。強く押してみましょう。

顔全体の不快感に効くツボ

花粉症には、なんといっても欠かせないツボ、それが合谷(ごうこく)です。目や鼻、喉など、花粉症から来る首から上全体の不快感を緩和します。場所は、手の甲の親指と人差し指の間の付け根。V字型になっている部分を、もう一方の手の親指と人差し指でつまむように押さえます。左右の手の同じ場所にツボがあります。

他にも、目に効くツボとしては、魚腰(ぎょよう)、太陽(たいよう)、曲池(きょくち)、鼻に効くツボとしては、上迎香(じょうげいこう)、大椎(だいつい)、顔全体に効くツボとしては、手三里(てさんり)、足三里(あしさんり)などがあります。

花粉症の季節に、副作用のない治療法であるツボ押しを、ぜひみなさんも実践してみてください。

特集 花粉症対策にオススメな健康食品&サプリBEST5

オリーヴリーフ・エキストラクト

含まれている成分オリーヴリーフ

商品紹介ページへ

アレルケア

含まれている成分L-92乳酸菌

商品紹介ページへ

甜茶400

含まれている成分甜茶ポリフェノール

商品紹介ページへ

蓮のちから

含まれている成分レンコン抽出物

商品紹介ページへ

トマトのちから

含まれている成分トマト抽出物

商品紹介ページへ